ベルブラン 副作用

ベルブラン 副作用

ベルブラン 副作用

とっても人気のベルブランですが使うにあたって心配なのは「副作用」の事です。ニキビ染みを消すということは、美白用の化粧品、それならきっと

 

漂白剤が入っているのでは?

 

ピーリングなのかしら?

 

と効果が大きいと評価の高いケア用品に対しては様々な疑問が湧いてくると思います。どんなに効果が高くても副作用があるなら知っておきたい、または使いたくないという方がいるのも事実。ここではベルブランに副作用があるのかどうか?ということについて注目したいと思います。

 

ベルブランには

ベルブラン

美白成分トラネキサム酸

 

抗炎症成分グリチルリチン酸2K

 

が主要な成分として使われています。グリチル酸2Kとは、一般的には「グリチルリチン酸ジカリウム」という名前でよばれています。これは漢方薬のマメ科の甘草(カンゾウ)から抽出できます。主に敏感肌用の化粧品に使用されることが多いことから、肌に優しい成分であるとわかりますね。

 

敏感肌の人が化粧品を使用すると肌が悪化しやすいといわれる場合でも、肌炎症やアレルギーによる症状を抑制します。グリチル酸2Kには、強い消炎作用・抗アレルギー・抗炎症・ニキビ予防等の効果を持つとされています。

 

トラネキサム酸は皆さんどこかで聞いたことがあるかと思うのですが、シミやソバカスへの美白はもちろん、厄介な肝斑に対しても効果のある成分として注目されている成分

 

ニキビ染みはもちろんソバカスなども同時にケアできます。アレルギー薬などにも使用されている成分ですので、こちらも副作用の問題ありません

美白効果が有ることで知られているハイドロキノンなどは使い方、配合量を守らないと怖いことになりますが、ベルブランはそのような心配はありません。

 

またその他の成分には「カモミラエキス」、メラニンブレーキシステムを持ったアルピニアカツマダイ種子エキスも使っているのですが、これらは全部肌に優しい植物由来。

 

三種類のヒアルロン酸

だから副作用の心配はありません。そして三種類のヒアルロン酸も配合しているので保湿はバッチリです。ニキビ跡とソバカスを直したい、イオン導入などとも併用できるので大変使い勝手も良いですね。とろりとした美容液のような使い心地でスット馴染むので肌への浸透も抜群

 

トラネキサム酸について

こちらは美白効果が有名で様々な美白系アイテムに配合されている成分ですが、抗アレルギーや抗炎症作用もあります。ですから経口投与して治療に使われることもあります。外用薬として使っても服用しても副作用の心配もなく、安全性が高いので敏感肌の人にもこちらも心配がありません。

 

ニキビも予防できると書いてあるので殺菌力が強いのではないか?と心配する人もいますが、ベルブランのニキビ予防効果は殺菌によるものではありません。保湿にあります。肌の新陳代謝を正常化して自然なターンオーバーを促します。ですからこれに関しても心配することはなさそうですね。

 

 

 

>>ベルブラン 楽天 TOP